• ホーム
  • シミに加えてホクロも消せる?フルオロウラシルの力

シミに加えてホクロも消せる?フルオロウラシルの力

シミは老化現象の一つでもありますし、出来てしまうと老けた印象になります。見た目としても気になるので、ファンデーションを厚塗りしたりコンシーラーを使ったメイクをすることも有りますが、目立ってきてしまうとメイクだけでは消せないこともあります。またすっぴんでも自信が持てる肌にしたいということであれば、美白効果のある化粧品を使うだけではなく、根本的な対策が必要です。

美白化粧品を使っているから大丈夫と思っていても、美白効果として配合されているアルブチンやハトムギエキス、ビタミンC誘導体はメラニン色素の分泌量を抑えるという効果はあっても、出来てしまったシミを薄くすることまでは出来ません。ですから根本的にシミを薄く目立たない状態にしたい方は医薬品を使ったアプローチをおすすめします。

今注目されているフロニダクリームは、フルオロウラシルという有効成分が採用してシミを消したり薄くすることが出来ます。美容目的で使用されているクリームですが、フルオロウラシルは抗がん剤作用もあるためがんの治療でも使われているという点も注目です。抗がん剤作用として使う場合には、点滴や注射などで使用していきますが、その成分が入っているフロニダクリームは患部に塗布して使います。しかし皮膚がんの治療のために使う場合は、塗布する使用方法です。

この抗がん剤作用のあるフロニダクリームが、なぜ美白効果があるかというと、がんだけではなくシミやホクロにまで効果があるということが研究結果でわかったためです。実際には最初に使われたのはエフディクスという医薬品ですが、フロリダクリームはこのエフディエクスのジェネリックという位置づけになります。

ジェネリック薬品は、日本でも後発薬ということで使われていますが、最大のメリットは薬の価格が安いという点です。新薬を開発する際には膨大な費用が掛かりますが、後発薬はその研究開発費を削減して製造できるため、それが薬価にも良い面で影響しています。安いけれど成分的に大丈夫なのかと思う方もいるかもしれませんが、ジェネリック薬品も先行薬同様の成分配合がされていますし、品質も厳しいチェックが行われているので安心して使用することが出来ます。

フロニダクリームは、シミだけではなくホクロにも効果がありますし、コラーゲンの生成も促す事が出来ます。コラーゲンの生成は30代後半からどんどん減少しますし、それによって肌のきめが荒れて保水力の低下も引き起こします。スキンケアを行う上で、年齢肌の対応としては保湿が重要視されてきますし、乾燥こそがあらゆる肌トラブルを起こす原因ともいわれますので、こういった保湿スキンケアをする上でもポイントが高いです。

フルオロウラシルが入ったフロニダクリームは、市販されていませんが個人輸入で取り寄せる事が出来ます。通常の通販と同じ流れで購入することができますので簡単です。シミやホクロをケアしたい方は使ってみることをおすすめします。