• ホーム
  • 化粧水選びで失敗したくない人へおすすめ化粧水を一挙に紹介!

化粧水選びで失敗したくない人へおすすめ化粧水を一挙に紹介!

きれいな目を持っている女性

毎日のスキンケアは、今の肌のケアの目的だけではありません。どういったスキンケアをするかによって、数年後や数十年後の肌にも大きな違いが出てきますし、化粧水の選び方ひとつもこだわっていく事は大事です。

ただ何となくCМで流れていて良さそうだからとか、パッケージが可愛いから、若い時からずっと使っていて安心できるからという理由で選んでいる方もいるかもしれません。しかしお肌の状態は日々変化しますし、季節によっても異なります。脂性肌だった若い時とは異なり、年齢を重ねる事でコラーゲン生成量が減りますので乾燥肌になりやすいです。そういった肌のメカニズムも意識するのは、選び方のポイントです。

今はインターネットで簡単に情報を集められる時代ですし、コスメの口コミサイトなども充実しています。多くの方が購入して満足度の高いアイテムは、ランキングに反映されている事が多いです。満足度が高いランキング上位の物から選ぶというのも選択肢の一つです。ランキング上位のものは、リピート率も高く、効果も高い傾向が見られますし選ぶ時に迷ったら是非参考にしてみてください。

しかし口コミに関しては、良いものだけではなく悪い口コミも目を通すことは忘れないようにしましょう。良い口コミがほとんどという場合でも、何かしら悪い口コミはあるものですし、その少数派のレビューも参考になります。もちろん悪い口コミが多く掲載されている場合には、デメリットも多いということがわかるのでそれは避けておくという選択になるでしょう。

化粧水にもいろいろなタイプがあります。思春期頃の皮脂分泌が盛んな肌状態であれば、ニキビ用もお勧めです。殺菌作用もあり、ニキビに効果がありますし出来づらい肌にすることが出来ます。洗顔もアクネ菌に対対応できるものをラインで使うと良いです。オイルフリータイプであれば余計な皮脂が出てくる事も防いでくれます。

乾燥肌の方は、保湿成分が充実している物を選びましょう。特にセラミドやコラーゲン、よりお肌の奥の方まで浸透しやすいのがヒアルロン酸です。ヒアルロン酸入りの化粧水はアンチエイジングのための保湿ケアでも効果が期待出来ます。

敏感肌の方は、化粧水を選ぶ時にはパッチテストをしたりサンプルをもらって試してから使う事をお勧めします。バリア機能が低下している一時的な敏感肌であれば、高保湿が出来るタイプの化粧水で対応していく事が大事です。界面活性剤や石油系のものは特にお肌に負担がかかってしまいますし、無添加系の物を選ぶのがお勧めです。

最後に今注目されているのが、オールインワンタイプです。これ一つで化粧水や美容液、乳液とクリームと化粧下地やパックまでの効果があります。オールインワンタイプであればお手入れがワンステップで出来てしまうので、時短スキンケアをしたい忙しい方や面倒くさがりの方でも安心です。

このように様々な化粧水がありますが、効果を高めるためにも化粧水を選ぶ時には肌状態によって、また口コミやランキングも参考に選んでいきましょう。