• ホーム
  • 日焼けで肌にダメージを与えたくない!紫外線対策について

日焼けで肌にダメージを与えたくない!紫外線対策について

ガン黒の小麦色のギャルが流行った時代も有りましたが、今は空前の美白ブームです。筋トレブームも有って一部では日焼けをあえてして健康的な小麦色をキープされている方もいますが、女性は色が白い方が美人という定義もまだダマ残っていますし、美肌のためにも日焼けは避けたいものです。

日焼けをしているということは、紫外線も多く浴びている事になりますが、この紫外線にはお肌にとって有害な事がたくさんあります。まず光老化といって、紫外線の光を浴びる事でお肌の水分が蒸発してしまいますので、乾燥状態になります。酷い時ですと赤くなったりしますが、それは軽いやけど状態になっているのです。

さらに光老化は肌の細胞を傷つけてしまうので新陳代謝の働きも悪くしてしまいます。ターンオーバーというサイクルは、年齢を重ねる事でどんどんそのタイミングが落ちてきますが、古い角質がはがれおちて新しい皮膚に生まれ変わるという肌サイクルは非常に重要です。このターンオーバーのタイミングがくるってしまう事で、古い角質が溜まって皮膚は固くなり、乾燥もすすみます。

紫外線を浴びる事で身体の防御反応としてメラニン色素が分泌されますが、このメラニン色素も古い角質とともに排出されていきます。ターンオーバーが乱れればシミとなって現れてきてしまうというデメリットもありますし、とにかく紫外線対策を行う事こそが、美肌のためには重要です。

そこで今から紫外線対策ですが、簡単にできる方法は日焼け止めを使う事です。日焼け止めを使えば紫外線をカットしてダメージからも守ってくれます。汗をかいた時やタオルなどで拭いた後には付け直すこともわすれないようにしましょう。また夏場だけ使っている方も多いかも知れませんが、通年を通して紫外線は出ていますのでシーズンを問わず出来れば外出する際には、毎回使うようにしましょう。

SPF表示が大きいものほど効果は高いですが、使用感が重たくなったりするのが気になる方や敏感肌の方は、SPF値の少ない物を使い分けすると良いです。SPF50のものですとほとんどがクレンジング料を使って落とさなければなりませんが、数値が低いものですと石鹸やボディーソープで落とせます。

新陳代謝を上げるというのは美肌のためにも必要な事ですが、ビタミンCはターンオーバーを促進して肌の調子を整えてくれる作用があります。ビタミンC誘導体入りの化粧品を使うのもよいですし、内側から果物や野菜などで摂取するのも有効です。ビタミンCは長くは体内にとっておけないものですので、毎日摂取するようにします。

また血行を良くするという意味でも適度な運動はお勧めです。運動不足は血行不良を招いてしまいますので、新陳代謝が悪くなるというデメリットも出てきます。成長ホルモンを分泌させるには睡眠も子きちんと取る事が大事です。成長ホルモンが分泌される22時以降はできるだけ良質な睡眠をとるように心がけましょう。