• ホーム
  • 美白肌はトレチノインとハイドロキノンを使えば手に入るんです

美白肌はトレチノインとハイドロキノンを使えば手に入るんです

目元がきれいな女性

年齢肌の悩みには、シワやシミ、毛穴の開きやたるみなど様々な事が挙げられますし、老化現象でもあるのでそれらの肌サインが出てくると、老けた印象になってしまいます。もちろん見た目的にも気になるものですし、根本的に治療を行って綺麗な美肌を目指していきましょう。

市販されている美白化粧品を使っている方も多いと思いますが、美白成分でもあるアルブチンやハトムギエキス、ビタミンC誘導体にはメラニン色素の分泌量を抑えるというメリットはあるものの、出来てしまったシミを薄くしたりする効果まではありません。根本的な治療を行うためには、有効成分の選択も重要です。

肌のメカニズムに、ターンオーバーという肌の代謝があります。この肌の代謝によって、古い角質がはがれて新しい皮膚が生まれ変わるのですが、加齢とともにタイミングが遅くなりどんどん古い角質が厚くなります。同時に紫外線を浴びる事で防御作用として分泌されたメラニン色素は、ターンオーバーで排除されなければどんどん濃くなりシミとなって現れます。

そのため肌の代謝を上げるということは美白へのアプローチとして重要になってきます。ピーリング作用があるトレチノインは、ビタミンAの誘導体でもありますが、古い角質を除去して新しい皮膚に生まれ変わる事が出来ます。そのためお肌は柔らかくなり、毛穴の詰まりなども予防する事につながりますし、アンチエイジング効果も抜群です。

トレチノイン(ビタミンAの誘導体)はピーリング作用以外にも、コラーゲンの生成を促すと言った嬉しい効果も有ります。年齢とともにコラーゲンの生成量はどんどん減少し、乾燥しやすい肌になります。細胞同士をつなぎとめているコラーゲンが減少する事で、保湿力が低下することも影響しています。コラーゲンを外側から補うことでもある程度効果はありますが、内側から分泌量を増やす方が肌のベースが整う事になりますし、化粧水の浸透も良くなると言ったメリットも有るのでおすすめです。

トレチノインを使う事で、シワやシミへのアプローチが出来ますが、さらにここで組み合わせて使いたい医薬品があります。それが漂泊作用のあるハイドロキノンです。ハイドロキノンは漂泊作用がある事で、出来てしまったシミをどんどん薄く目立たなく出来るという効果がありますし、トレチノインで新しく生まれ変わった皮膚に使う事で薬の浸透も良くなります。

アンチエイジングへのアプローチは様々な方法があります。あらゆる肌トラブルを引き起こすきっかけとなる乾燥を防ぐためには、とにかく保湿ケアが重要になってきますが、ターンオーバーの乱れが起これば化粧水をつけても浸透がわるくなってしまいますし、バリア機能も低下してしまいます。状態を整える上でも、コラーゲン生成をお肌の内側で起こすことは重要です。

トレチノインとハイドロキノンを併用すれば、美白もシワへの対応もできるのでアンチエイジングには非常におすすめです。